“自宅に居ながらにして映画館で映画作品などを楽しんでいるような気分に浸れるホームシアターは、アイテム選びを意識すれば小さな金銭的な負担でセットアップできます。ホームシアターをセットアップするにはスクリーンとプロジェクター、スピーカーの3つが必要ですがスクリーンについては壁で代用可能なので、投影に適した壁があればますます負担が小さくさせられます。

投影に適した壁が無いもののスクリーンを購入せずに他の物で代用したいのならロールカーテンを使えばスクリーンの代わりにさせられ、スクリーンのように合わせてスタンドを購入する必要が無い上にカーテンとしても使えて一石二鳥です。そして、ホームシアターをセットアップする上でクォリティに大きく影響するのがスピーカーなのですが、スピーカーは価格帯の幅が広くて上位機種に目を向けると要する費用も大きくなりやすいため、ハイレゾ リュー ションに拘って製品選びをすると良いです。

ハイレゾ リュー ションは、高解像度に録音された音声をそのままの状態で楽しめる音質の事を指すので、スピーカーの本体の大きさが小さくてもハイレゾ リュー ションに対応しているスピーカーであれば、同じサイズのスピーカーよりも顕著に強く迫力が感じられます。また、室内が広くなかったり大きな音を出す事ができないものの迫力がある音を楽しみたい時には、1本の棒状のシステムの中に音声に迫力を出すために必要な設備が全て収められているサウンドバーを選ぶと、限られた空間でも複数台のスピーカーを設置した時と同等のサウンドが楽しめます。同じように大きな音を出す事ができない環境下で迫力がある音を耳にしたいのなら、ヘッドホンを使用すると当事者のみが迫力がある音を楽しめるようになりますが、ヘッドホンを選ぶ時にもスピーカーと同様にハイレゾ リュー ションに対応しているタイプを選びましょう。

さらに、ホームシアターにおいて映像を映し出すための要となるプロジェクターについても、スピーカーのように小型でありながらも高い性能を有している製品がある上に、低価格帯の製品であってもはっきりとした映像美に浸れます。プロジェクターには、ルーメン数が切り替えできる機能が備わっていて切り替えられるルーメン数が多くなるほど価格も高まっていきますが、カーテンなどを閉めれば昼間でも暗くさせられる部屋に関しては200以上であれば快適に投影させられるので、高すぎるルーメン数の製品以外に目を向けて選定しましょう。”