ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)は、DVDの後継となるディスクメディアで、今現在でも主要なメディアとして利用されています。この記事では、そのブルーレイディスクの原理について簡単に解説しています。

ブルーレイディスクの原理

ブルーレイディスクは、青紫色レーザーとう波長の短いレーザー光を用いるディスクメディアで、CDやDVDのように情報を記録できる記録媒体です。光を利用するという点はCD,DVDと同じですが、記録容量がより大きいことがブルーレイディスクの利点です。

また、ブルーレイディスクは多層構造にすることが可能で、1層から2層に増やすことで記憶容量を倍にすることができます。これは単純に、同じ記憶容量を持つディスクが2枚重なった、ということになります。