4KとUHD の違い

4KとUHD の違いは解像度の違いにあります。既存のフルHDを縦横2倍にした解像度をQHFDと呼んでおり、この3840×2160の解像度を4Kと呼んでおりました。一方でUHDはさらに広義な表現であり、4000×2000ピクセルを超えるか近似値の解像度を指し示す総称となっております。だから特定の解像度を呼ぶわけではなく、高解像度の総称と覚えておけば間違いありません。

画面を見た時の美しさはいくつかの要素がありますが、きめ細やかさは画素数で決定されます。1インチ辺りにいくつの画素数が表示出来るからで、画面の精細さは決まることになるのです。この解像度の高さを生かすにはソフト側もコンテンツ側も高精細に対応している必要があり、情報量が多いコンテンツである必要性があります。放送ではハイビジョン規格や、コンテンツソフトではBlu-rayなどが該当しているのです。

デジタル情報のメリットは劣化が少ないことであり、プロダクションも以前からデジタル放送に切り替わっております。過去にはそのようなデジタル処理の放送に変わりましたが、現在は方向的により美しい映像が見られるような仕組み作りが進んでおり、4Kや8Kなどと呼ばれる放送が試験的に行われているのです。さらに受信側のTVの機器やパソコンなども画面側の受信制度が飛躍的に向上しており、画素数は4000×2000ピクセル前後のモデルも少なくありません。以前はとても高価なモデルでしたが、現在は機能を絞って価格を下げるという取り組みがされております。今後普及率に伴い生産コストが下がればさらに廉価になり、TVの放送も試験的な段階を過ぎて8Kなどで放映される日は近いのかもしれません。

こうした規格は送信側と受信側が連携して行われる必要がありますが、現在は4KのTVは各家庭に増えてきましたが8Kの普及は黎明期の段階になります。まだまだ価格が高価なこともあり、販売されている機種も多くはありません。今後はさらにFPSという1秒間に多くのコマ数を表示する速度が上がったり、画面の表示ムラを減少させて画素数の高さをより引き立たせるモニターが登場するという見込みです。3840×2160は4K規格になり、UHDは前者を含む4000×2000ピクセルの解像度を実現したモニターに使われる総称になります。今後は縦横の対比が違うモデルも登場することが多くなりますし、ゲーム専用などの高画質TVモニターも登場することは間違いありません。